マーケティングの対象者は誰?

企業が新商品を開発する場合には、消費者が潜在的にでも持っている、または可能性がある需要をマーケティングで調査します。その際に重要なのが、その新商品を売る相手、つまりターゲットはどの位の年齢層で、性別やその人の社会的背景等を明確にしておこなうことです。
つまり新商品を売る相手を明確にして開発するために、実際にどのぐらいの需要があるかをマーケティングで明確にしてから、どのぐらいの開発費用をかけて製作すれば利益を出すことができるのかをトータルに考えます。
対象となる年齢層によっても、出費してもらえる金額も変動するために、その年齢層を明らかにすることが、製作する上で重要になります。
また併せてその年齢層の幅を広げるために、新商品に更に何を付加すれば売れるのか、仮説を持ってマーケティングすることもあります。

デジタル・マーケティング

デジタル・マーケティングでは、企業が顧客とのコミュニケーションにデジタル媒体を用いることで、スピーディーで的確な顧客対応を可能にし、顧客満足度を引き出すと同時に要望や意見などの分析を行い、顧客の求めるものを明らかにしていくことができます。
一度に非常に多くの顧客情報を収集・分析できるようになったことで、マーケティングの精度が向上し、企業活動に反映させやすいデータを得られます。
実際に商品サービスを利用した顧客のみではなく、どのような商品に興味を持っているのか、検索ワードを使用したかなど周辺情報の収集も可能なので、多角的な視点で顧客の動向をリアルタイムで知ることのできるメリットは、スピード感を要求される現代では欠かせないものです。